f:id:manchester-98-99-rs:20160620201225j:plain

CW局に移籍して新シーズンを迎える”SUPER GIRL”ですが

シーズン2で登場すると報じられた従妹の”スーパーマン”のキャスティングが

決まったと米メディアが伝えている。

 

数多くのスター俳優が候補に挙がっていたが、見事”スーパーマン”役を射止めたのが

『ティーン・ウルフ』でデレク・ヘイルを演じていたタイラー・ホークリン。

 

グレッグ・バーランティとともに製作総指揮を務めるアンドリュー・クライスバーグは

 グレッグと僕は、何年も前からタイラーと一緒に仕事がしたいと

思っていた。だから、彼がスーパーマン役に決まったのは必然だよ。

この伝説的なアイコンとして、素晴らしい俳優を新たに迎えられたこと

にすごく興奮している。

とコメントした。

 

なおタイラー版”スーパーマン”が登場するのは最初の2話とのこと。

 

ソース:海外ドラマNAVI

 

やっぱりカヴィルじゃなかったねー

そーだよねー