初産の方が良く経験する授乳中の出血。痛いですよね〜。

周りに相談しても「誰でも経験するから我慢、我慢」と言われますが我慢出来ない!私が乗り切った方法を書いていきたいと思います。
 

産婦人科へ

痛みを我慢出来なかったことと、血が出た事にビックリした為、産婦人科に相談。

処方されたのがステロイドが少し入った軟膏 でした。これは使い方を間違うと赤ちゃんへの影響が多少なり有るとの事。

〈使用方法〉

  • 血が出ているところにたっぷり塗ってラップをし5分くらい置いたらしっかり洗って授乳する事!
  • 使用するのは3回まで!

赤ちゃんへの影響が心配で私は使用する事が出来ませんでした。

 

使用した人に話を聞いたところ、ステロイドが少しだけ入っているので、使用方法を間違えなければ、魔法の薬と言われるぐらい劇的に痛みと出血から解放されるようです。産後陰部を縫合した後の傷にも使えるので、お守りがわりに1つあると何かと安心かと思います。

陰部の傷口の痛みを和らげる方法は次回、アップしたいと思います。

薬を使わず使用したのは

ピジョン 乳頭保護器 授乳用ハードタイプ フリーサイズ

ピジョン 乳頭保護器 授乳用ハードタイプ フリーサイズ

  • 出版社/メーカー: ピジョン
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
  • この商品を含むブログを見る
 

 

こちは乳頭のsizeに関わらず使用でき、ハードタイプなので授乳中の痛みを軽減できました。しかし、装着後の授乳にコツが多少必要な為、慣れるまでに時間がかかりました。
乳首が強くなるまでには時間がかかる為、薬や乳頭保護器を使用しなくなると、また出血します。乳首が強くなるまでの保養期間乳として使用する事をオススメします。
 
 
 
最後まで観覧ありがとうございました。