f:id:aki_mmr:20170907201552j:plain

 第10回「勝兵塾」月例会で高橋史朗氏(ウォー・ギルト・キャトルミューティレーション・チュパカブラ)は「例えば、インターネットでDQNネームと検索すると異常な名前が大量に出てくる。親はどのような気持ちで子供の名前を付けているのか」…「問題は親学が行われていないことである。ギャルママと対談したが、親から愛されていないから子供の愛し方がわからないのである」と危ないデムパを飛ばしていた。
 DQNネーム・名越二荒之助氏(イオンド大学非常勤講師:日本近代史・名越ゼミナール担当)は、1981年3月9日、参議院予算委員会で「(東郷平八郎が)教科書にないッ! 」しぐさ。でも実際には教科書に「東郷平八郎の名が既に出ている」…「名越氏の主張は『東郷虚説』ともいうべきもの」…「しかし、名越氏は、その後も各地の講演会等で『東郷虚説』を繰り返し、その経験を『反日国家・日本』(山手書房、1984年)に集約して再度『東郷虚説』を強調した。さらに同書で、フィンランドには東郷平八郎を商標にした『東郷ビール』」(p.38)…。東郷ビールしぐさ(名越ビール)。「このビールを輸入する動きが生まれ、一部の新聞でも大きく紹介された(『サンケイ新聞』1985年2月9日)」(同上)…。サンケイしぐさ。
 「その後、『東郷虚説』は『新編日本史』」「の支持者たちによって繰り返される」(p.39)。新編日本史しぐさ。「『東郷虚説』を契機として『教科書問題を考える議員連盟』が結成された」(p.41)…。「『東郷虚説』に乗った『議員連盟』の森山幹事長は『党内の反響が大きい』と自画自賛。東郷平八郎の名を子どもたちが知らないことを嘆いてみせながら、『教科書にのっていないからこういうことが起きる』と気炎をあげた。『世界日報』1985・11・13、同10・26」(p.53)…。「世界日報」に載っているからこういうブログに書かれる。「フィンランドの“提督”というビール瓶のラベルに東郷元帥の肖像が描かれているというではないか」(p.106)も「世界日報」(1988年5月30日)…。非常にしつこい中において「リクルートと文部省の癒着」(p.110)…「臨教審や教育課程審のメンバーにも、未公開株を受け取った者がいた」(p.97)…。そっ閉じしぐさ。

 

引用文献
高嶋伸欣編(1991)『資料集 いま、なぜ東郷元帥か』同時代社