今日の晩ご飯の出来事。

 

定時ちょっと過ぎに退社し、

下の子が待つ保育園へ迎えに行って

一路自宅へ。

 

上の子はすでに学童から帰っていて、

久しぶりに休みだった妻が夕飯の

支度をして帰りを待っていました。

 

「いただきまーす」とご飯を食べ始め、

“今日は早い時間から家族みんなで

ゆっくり食事ができていいなぁ”

 

と思っていたところ、次女の足が

長女の足に当たったことがきっかけで

急にケンカ模様になってしまったのです。

 

7歳の長女と3歳の次女。

 

7歳には理解や我慢ができても、

3歳だとまだ融通がきかないことは

多々あります。

 

一方で、いくら物分かりがいいと言っても

所詮7歳児。相手のことを常に思いやれる

大人な部分を求めるのは酷というものです。

 

ひとまず長女に改善すべき点を伝えるも、

まだ納得していない様子。

でもここで焦りは禁物

空気の変化をじっと待ちます。

 

すると、いつの間にか姉妹二人で

仲良く遊び始めているではありませんか!

ケンカの原因なんて忘れたのでしょうね。

 

親として、

器の大きさを試された一日でした。ふぅ。

f:id:work-shift:20151218231155j:plain