環境

  • Raspberry Pi 2 B
  • Mac OS 10.11.1(El Capitan)

インストール手順

Raspberry PiのOS、Raspbianのダウンロード

以下のページより、RASPBIAN JESSIEをダウンロードする。
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

ダウンロードしたZIPファイルの解答

任意のツールを使ってzipファイルを解答し、imgファイルを取り出してください。

インストール準備。

ddrescueのインストール

ddコマンドでもimgの焼きこみは可能ですが、個人的にはこれのほうが進み具合が見えるので気が楽なので、これを使います。

$ brew install ddrescue

SDカードのマウントされている場所を調べる

$ diskutil list

を実行し、SDカードがマウントされている場所を探しだす。

% diskutil list
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *256.1 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            255.2 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
(snip.)
/dev/disk4 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *15.7 GB    disk4
   1:             Windows_FAT_32 NO NAME                 15.7 GB    disk4s1

こんな感じに見えれば/dev/disk4が対象のSDカードとなります。

SDカードをアンマウント

$ sudo diskutil unmountDisk disk4

SDカードへのOSインストール

以下のコマンドでSDカードへImgを書き込みます。 /path/toの部分は各自imgファイルが展開されたディレクトリへのパスを記述してください。

※ この作業はディスクのパスを誤ると大事故になります!くれぐれも上記のSDカードがマウントされているパスの確認を念入りに行なった上、自己責任で実行してください。

$ sudo ddrescue /path/to/2015-09-24-raspbian-jessie.img /dev/disk4 --force

この書き込み作業は環境によっては結構な時間がかかります。(私の環境で約3時間ほど) 完了までまったりとお待ち下さい。

Raspberry Piの起動

Raspberry PiへOSのイメージの書き込みが終わったSDカードを差し込み、電源を入れます。(電源ケーブルを刺す。)
もちろん、電源ケーブルを刺す前に各機器の接続は済ませましょう。
(HDMI、USBキーボード、必要に応じてUSBマウス、USB Wi-Fiモジュールなど)