駅員さんには・・・よく会いに行った一週間でした・・・・・。

しばしば駅員さんのことを考え、あごのあたりから見上げた顔の冷たさを思い、帽子をかぶった職業人の美しさを感じていました。

やや涼しかったこともあり、ジャケット着用のすばらしいフォルム、そのシルエットを瞳に焼き付けていました。

駅員さんはそこにいて、わたしを

 「お客さま、よく来たね!」

って 抱きとめてくれた 

そして

 「さあ 飛べ・・・・」

って 抱きとめたその腕を ほどいて くれる

駅員とは 通過点であり そこで駅員は 人間ではなく 関所 となる

のに 人型を まだ 保ち続けている のね・・・

さて、少しブログ更新が滞ったのは、mp3音源を作るべくレコーディングに励んでいたせいです・・・が、2日間も行ったけど、納得の行く録音がぜんぜん出来ません。あす日曜も録音予定ですが、どうなることでしょう。

7月2日のライブは中止となってしまいました。次回イベントは7月13日の「東京ポエケット」となります。ライブではなくて展示即売会です。そこで冊子「駅員観察日記2」を売ります。

その冊子ですが、デザインはほとんど終わり、細かい点を見直しています。現時点で、3段組86ページ、そのほとんどが駅員乗務員への妄想記事という、読むと頭がクラクラするような冊子になりました。ETC.Movieさんのご好意で、「鉄道物語3」のスチール写真を使わせていただけることになりました(ありがとうございます~)。意外に良い本になるかも!

遠隔の方には通信で頒布することも考えています。どうぞお楽しみに・・・。

メルマガ「月報・松岡宮」も、そろそろ準備します。

読んでみたい方はHQL01005@nifty.ne.jpまでどうぞ。